0263-48-0480 平日 8:30~17:30
実績

UAV搭載型レーザーによる急傾斜地の画像診断

UAV搭載型レーザーによる急傾斜地の画像診断

UAV搭載レーザ測量により、急傾斜地崩壊防止施設の点検作業効率向上を図りました。

現地の様子

  • UAV搭載型レーザーによる急傾斜地の画像診断
  • UAV搭載型レーザーによる急傾斜地の画像診断

技術者のこだわり

急傾斜地崩壊防止施設は、高低差100m超、樹木に覆われている斜面上部の用地外など、点検の作業者の安全確保が課題となっています。
UAVレーザー測量を用いることで、斜面全体の点群を取得。処理を行い、等高線、DSM(オリジナルデータ)、DEM(グラウンドデータ)、CS立体図など「地形画像」を作成します。
空中写真では確認できなかった、樹木の下の急傾斜地崩壊地形の3次元形状、急傾斜地崩壊対策施設の位置、斜面崩壊の原因となる集水地形の可視化が可能となります。
可視化した画像を活用することで、異常地点に特化して現地調査を行うことができるので、作業の効率化・高精度化を図ることができました。

  • UAV搭載型レーザーによる急傾斜地の画像診断 DSM、等高線と横断面
  • UAV搭載型レーザーによる急傾斜地の画像診断 DEM、CSマップと現地状況

データ

所在地 塩尻市
発注者 松本建設事務所
業務期間 2020.09~2021.05
担当支店 松本
設計項目 砂防設備点検
 急傾斜地崩壊防止施設 1式
概要 急傾斜地崩壊防止設備について、各施設の適切な維持管理のため、老朽化等の状況を把握することを目的とし、砂防関係施設長寿命化計画に定められた定期点検を実施した。

関連する実績

お問い合わせは電話またはメールにてお願いいたします。