0263-48-0480 平日 8:30~17:30
社員インタビュー採用情報
社員インタビュー

都会から地方に移住してもスキルを活かして地域に貢献できる仕事

松本本社 技術部 課長補佐 吉田淳貴
私の仕事
技術部で設計を担当しています。主に河川構造物の設計、排水機場の設計、水路の設計や洪水解析など、水に関わる仕事に多く携わっています。
普段は社内で図面作成やGIS解析などデスクワークが多いですが、他のメンバーとの協力で砂防の調査や橋梁点検など、現場にも出かけることがあります。
最近は自然災害が多いこともあり、河川の災害復旧の仕事も増えてきており、自分の経験やスキルを活かして長野県に貢献できているな、と実感しています。

全国展開のコンサルから地方コンサルへ

アンドーを選んだきっかけ

何故アンドーを選びましたか

結婚を機にいろんな人生の選択肢を検討した結果、妻の実家に近く、都市と地方のいいところを満喫できると考えて、大阪から松本市にIターンで移住してきました。

長野県に行く、ということを先に決めて「仕事どうしよう」と思った時に、ほとんど迷いなく、また建設コンサルタントで働きたいと思いました。前職は全国展開している建設コンサルタントでしたが、地図が好きだったり、プレゼンが好きだったおかげで、仕事の内容に不満がなかったためです。

長野県には県内を拠点とする地方コンサルが多くありますが、その中でもアンドーは、「長野県NO.1の実績がある」「河川砂防に強い」という点が魅力でした。自分のスキルを活かせるイメージができたことと、何でも相談しやすそうな雰囲気の面接をしていただいたことが、最後の決め手になりましたね。


アンドーに転職してみて感じること

アンドーで働いて感じること

アンドーで働くメリットは

面接の時に感じた「何でも相談しやすい雰囲気」は、実際に入社してみても色んな場面で感じることができています。

入社した直後は、松本のことがさっぱりわからない状態でしたので、日々の生活に必要な買い物の場所や、車の購入のことなど、社長を筆頭にいろんな方に助けていただきました。グループ会社に自動車を扱う部署や保険を扱う部署があり、安心できます。

仕事の面では、困ったり悩んだりした事があれば、忙しくても手を止めて相談に乗ってくれる上司がいます。同世代の30代のメンバーも多く、協力して課題解決しながらより良いものを作ろうという雰囲気があります。

やりたい事や変えたい事があれば、面談で上司がしっかり話を聞いてくれるので、新しいことにも積極的にチャレンジすることができます。いい意味での競争心をもちつつ、自身の成長につながる機会がたくさんあることが、私にとってアンドーで働く最大のメリットです。

どんな人と仕事がしたいですか

何事も楽しみながらチャレンジできる人。

建設コンサルタントの仕事は本当に幅が広く、1日として同じ作業をする日はないです。顧客(国や県、地方自治体)によっても立場や考え方が違いますし、住民の方に対しても配慮が必要な仕事です。

その分だけ、悩んだり壁にぶつかったりする場面が多い、とも言えるのですが、そうした壁にぶつかったときに一番頼りになるのは、自分自身の気持ち。どんな場面でも「おもしろいポイントを見つけて楽しむ気持ち」と、「新しいことを見つけてチャレンジしてみよう」という気持ちがあれば、必ず道は開けて、その先には良い設計を提供することができると思っています。

悩んだときには、素直にその気持ちを上司や同僚にぶつけてみてください。アンドーのみんなはきっと、優しく丁寧に話を聞いて解決の方向教えてくれるはずです。

紹介したい社員は?エピソードも交えて

細萱くん。

転職で入社して最初のお昼休み、ご飯を持ってきていなかった私に声を掛けてくれたのが、同世代の彼でした。
近くの美味しい中華料理屋に連れて行ってもらい、「元々建築を専攻してた」「いまは資格にチャレンジしてる」「最近子供が生まれて」とか他愛もない話をしたことで、とても安心したことをよく覚えています。

いまでは飲み仲間としても認めてもらっていて、松本駅前に数あるバーの中でも、ピカイチのジントニックを出してくれるお店を紹介してくれました。楽しいお酒を呑みたいなら、ぜひ細萱くんに連れて行ってもらうといいでしょう!🍶

Profile
吉田淳貴

氏名:吉田淳貴

部署:松本本社 技術部 課長補佐(2018年入社)

大阪府豊中市出身。大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻修了。技術士(河川、砂防)、河川点検士。
大学卒業後、全国規模の建設コンサルに就職。結婚を期に、妻の生まれ故郷である長野県へIターンし、アンドーに入社。前社での経験を活かし、主に河川の計画、設計、解析等の業務に携わっている。

休日の過ごし方は?

築90年の古民家を借りて住んでいます。全室畳部屋で、春夏秋冬で趣を感じられる今の家がすごく気に入っています。…が、古民家の宿命で至る所の補修が必要なため、隙間テープで埋めたり、棚を作ってみたりと、DIYばかりやっていますね(笑)大阪にいた頃の休日の過ごし方とは、かなり変わりました。
年に数回、松本山雅の試合を観に行ったり、妻の実家に行って畑仕事を手伝ったりと、やりたいことがたくさんあって、休日が足りないくらいです!
Other Interviews

お問い合わせは電話またはメールにてお願いいたします。