0263-48-0480 平日 8:30~17:30
社員インタビュー採用情報
社員インタビュー

地元に根付いたきめ細やかな業務ができる会社

東北信支店 支店長 佐藤士朗
私の仕事
技術部門を担当しています。主に公共インフラに係る業務に携わっています。公共インフラといっても幅が広く、道路、河川、公園、上下水道、自然環境に係るすべてです。
特に私の勤めている東北信支店は“地方コンサル”として市町村からの依頼・相談が多く、地元に根付いたきめ細やかな業務を行っています。地域住民の要望を直接聞きながらそれを形に(設計)していく業務を行っています。
支店を統括する立場として心掛けていることは「職場の環境づくり」です。生産系企業と違って個々の作業能力に頼ることが大きいことからハード面、ソフト面の環境整備やコミュニケーションによる相談やメリハリを付けた勤務時間とすること。一人一人がストレスなく働ける環境整備に心掛けています。そしてチーム全体として目指すべき方向をしっかり示し、的確なビジョンを共有することが大切だと考えています。

アンドーを選んだ理由

アンドーを選んだきっかけ

建設コンサルタントに就職しようとしたきっかけ

学生時代に夏休みの時に測量のバイトをしていました。
測量から設計、どんな計画になるのか興味があり、自分で調査・設計・計画と一通り行ってみたかったから。

正直、ゼネコンとも迷いましたが…。先生のお勧めと占い師の助言を参考にしました。
(占い師の助言・・・「南へ行け」だけですけど・・・💧)

何故アンドーを選びましたか

自分の育ってきた長野県内に就職し貢献したいと思っていました。
アンドーは県内企業であるため、県外への移動がないことも選定の理由のひとつ。
東京などの都市に行かなくても地方でも「技術力」は十分活かせると思ったからです。


アンドーで働いて感じること

アンドーで働いて感じること

アンドーで働くメリットは

業務個所がほぼ県内に限定されることから“地元貢献度”の実感が大きいです。

また、県内No.1コンサルであるため、技術力(経験・人的財産)が大きいこともあります。
頼りになる諸先輩方との相談や社員同士での意見交換(コミュニケーション)が豊富で、各年代、価値観を共有する仲間がいることが、アンドーの強みではないでしょうか。

どんな人と仕事がしたいですか

やる気がある人。積極的な人。気が利く人。相手の考えをくみ取れる人。

紹介したい社員は?エピソードも交えて

佐藤久雄君。
土木系の専門知識は全くなく入社。(前職、小学校の用務員)

【レベル観測時】
…機械(H)から観測のためスタッフが徐々に離れていくと…
H)「あの~メモリ見えませーん。これ、ズーミングないんっすか?」(レベルにズーム機能はない💧)
観測終了後チェックをしてみると…まるっきり精度に入らない!?
S)「どこのメモリを読んでるの?」
H)「真ん中“へん”です。」
↑メモリを観測するときのクロスラインは知らなかったらしい。

【橋梁点検時】
…橋台の正面写真を撮りたかったため、橋台前に置いてあったスコップが邪魔だった。
S)「おーい、そこのスコップとってくれ~」
H)「はーい」
…とスコップに片手をかけカメラに向かって静止。
S)「・・・???、あの~なにしてるのかな?」
H)「スコップとるんじゃないんですか?」
S)「“スコップとあなた”を撮りたいわけじゃないんだけど…💧」
(無駄なポーズを決め込みカメラに向かって“はいポーズ”)

Profile
佐藤士朗

氏名:佐藤士朗

部署:東北信支店 支店長(1995年入社)

長野県上田市出身。長野高専土木工学科卒。技術士補、RCCM(道路、河川砂防、鋼構造及びコンクリート、下水道、農業土木)
長野高専時のアルバイトを切掛に入社。アンドー一筋で、現在は東北信支店長として支店を統括。

休日の過ごし方は?

若い頃は大型バイクで全国ツーリング、サーキット、峠と走りまくっていました。冬は、スノーボード、スキー。いずれも“事故”により入院した過去があります。今は、家族と過ごすこと、地元消防団、バスケット観戦ですかね。
Other Interviews

お問い合わせは電話またはメールにてお願いいたします。